• 石川県七尾美術館
  • 石川県能登島ガラス美術館
  • 恋路海岸
  • 見付海岸(珠洲)

周辺観光

湯の香、潮の香 和倉めぐり

和倉めぐり

和倉にはおもしろい散策ポイントがいっぱいあります。
幸福を呼ぶと言われている七福神巡りをはじめ、夜は街並ライトアップ巡りもおすすめです。

また、気軽に足湯体験できる湯っ足りパークは老若男女問わず大人気です。和倉の街を思う存分、お楽しみください。

街並みライトアップマップ

弁天崎源泉公園 湯元の広場 都月橋 少比古那神社 青林寺 信行寺

ライトアップされた夜の街を散歩してみませんか。
昼とはまた違った表情を魅せてくれます。

1、弁天崎公園

  • [弁天社]
    古くは知恵・言語・音楽の神として、後に福徳財宝の神として仰がれた弁財天を祀る神社。
  • [薬師如来堂]
    せせらぎの湯と湯煙に包まれた薬師如来尊像が和みをくれるお堂。
  • [頌徳碑]
    埠頭備築に多大な寄進をした穴水町川島の回船問屋七海屋兵右エ門の篤志を讃えた碑。
  • [湯呑場]
    天文学者パーシバル・ローエルが訪れた明治22年の能登の國、和倉温泉雲濤楼の図を背景にした湯呑場。
  • [方位盤]
    日本の主要都市と、七尾市の姉妹都市の方位を示しています。

2、湯元の広場

  • [温泉流水塔]
    ガス燈に照らされた温泉流水塔。8枚の銅板画に描かれた和倉温泉の歴史絵が周囲を飾ります。
  • [湧浦の湯壷]
    海中で傷を癒すしらさぎが教えてくれた和倉温泉。伝説をモチーフにしらさぎのブロンズ像が立っています。
  • [湯浦の炎]
    温泉の源である炎とガスと水をテーマにした火山のモニュメント。夜は炎とライトで彩られます。

3、渡月橋

  • 和倉温泉からの入り江に架かる渡月橋。
    夜になるとレトロなオレンジ色のランプが灯る。

4、少比古那神社

  • 社伝によれば、湯の谷に温泉が湧き出したのは神に意だとして、その祠を建てて祀ったのが神社の始まりとされています。明治26年、薬師堂から現在の社名に変更しました。

5、青林寺

  • 約50段の階段で境内につきます。 青林寺左横から、観音像をめぐりながら更に階段を約300段登ると、「和みの丘展望台・和みの鐘」があります。

6、信行寺

  • 真宗大谷派に所属する信行寺。初代住職は伊賀国上野の住人慶恩でした。昭和48年に再建された本堂が迎えてくれます。

和倉観光スポット

辻口博啓美術館

辻口博啓美術館写真

シュークルダール(砂糖の芸術作品)が展示されるほかLED(発光ダイオード)で照らし出される光の演出も、 スイーツの無限の可能性が感じられます。

WEBサイトリンク

角偉三郎美術館

角偉三郎美術館写真

漆工芸家 角偉三郎氏の展示館。海外でも高い評価を受けた氏の作品は能登の風土をそのままに映した素朴さと力強さを感じさせます。

WEBサイトリンク

和倉シーサイドパーク

和倉シーサイドパーク写真

白崎公園及び野外ステージ、円形・流水・せせらぎプール、散策公園を備えた多目的公園。

WEBサイトリンク

わくわくプラザ

わくわくプラザ写真

海に面した多目的広場。夏はイベント会場として利用されます。海を眺めてゆったりと過ごしたいスポットです。

湯の谷

湯の谷写真

和倉温泉発祥の地とされる場所。薬師嶽の西方にある「湯の谷」に温泉が
湧いていたと伝えられています。

足湯 湯っ足りパーク

足湯 湯っ足りパーク写真

目の前に広がる海と能登島大橋とツインブリッジの両方が見える、足湯です。屋根があるので雨の日でも大丈夫です。

顕彰碑

顕彰碑写真

湯番徒(税史)庄五郎による約200年間の圧政から温泉の支配権を獲得するため、 献身的努力をして今日の繁栄の基礎を築いた先人29名の芳名碑。

白崎公園

白崎公園写真

風光明媚な海に面した公園。優しい波のメロディが旅情を盛り上げます。[島田渓水句碑]、[大伴家持の歌碑]

和みの丘

和みの丘写真

青林寺から続く観音尊像を巡る五百段あまりの階段、ツツジや四季折々の草花、 森林浴が楽しめる公園です。展望台からはわくらの町並みと七尾西湾が一望できます。

わくらの郷公園

わくらの郷公園写真

新しい桜の公園として、整備されています。

和倉昭和博物館とおもちゃ館

和倉昭和博物館とおもちゃ館写真

館長が約30年かけて収集した、明治初期から昭和40年代のおもちゃを中心に、 ずらり約5000点のアイテムが勢揃い。常にピカピカな状態で展示されています。

WEBサイトリンク